中経出版

東大流 頭が良くなる記憶法

一般書
著者 :
吉永 賢一
本体価格:
600 円+税
ページ数:
224
初版発行:
2014-11
ISBN:
978-4-04-601056-8
ジャンル:
シリーズ:
記憶力に年齢は関係ない!「つなげる」「またやる」「外に出す」という3つの基本スキルを押えれば、あなたの記憶力は格段にレベルアップします。他にも「イメージ変換」や「緊張度のコントロール」なども収録。
著者紹介

吉永 賢一(よしなが けんいち)

東京大学医学部家庭教師研究会代表。

1971年生まれ。2歳で父親から計算を教わり、小学生時代に藤田田、トニー・ブザン、カーネギー各氏の書籍に感銘を受ける。91年東京大学理科Ⅲ類(医学部)入学、学費捻出のために家庭教師のほか、10種近くの職業を経験。しかし「教えること」を天職と思い定め、2005年に医師になることを断念。教師としては23年間の指導歴をもち、過去に指導した生徒は1,500人を超える。短期間に偏差値50台 →70台など劇的な変化をみせる生徒も多く、生徒および保護者から絶大な信頼を寄せられている。

著書として、『東大家庭教師が教える』シリーズ(KADOKAWA中経出版)では累計16万部超えに。そのほか『東大家庭教師の結果が出るノート術』(あさ出版)、『CD付 東大家庭教師の必ず結果が出る英語トレーニング』(学習研究社)などがある。

目  次

第1章 頭が良くなる記憶法とは?
第2章 「つなげる」「またやる」「外に出す」で覚えられるようになる!
第3章 記憶力が良くなるさまざまなテクニック
第4章 あらゆる場面で使える「イメージ変換」の記憶法
第5章 記憶力が良くなる緊張度のコントロール

編集者からのおすすめコメント

あなたには無限の記憶力が備わっている!

「いまの自分にとって必要のある知識」であれば、私たちは、どんなことでも覚えていける力を持っています。ただし、使用法をまちがえてしまえば、その能力は発揮されません。本書で紹介する「向上の法則」や、記憶力が良くなるさまざまなテクニックを実践して、正しい記憶法を身につければ、試験や実生活に役立つこと間違いなしです!

●「記憶の3つのステップ」とは?
1.つなげる……「新しく覚えたいこと」と「すでに知っていること」をつなげる
 「新しく覚えたいこと」どうしをつなげていく
2.またやる……くり返すこと(つながりを再び強くするために復習する)
3.外に出す……表現すること(覚えたことで、人とコミュニケーションをとる)

著者ホームページ

http://todai.kyoiku.tv/

関連特集

2015年11月15日リニューアル創刊

ラインスタンプ好評発売中!