中経出版

1500語で通じる非ネイティブ英語 グロービッシュ入門

語学書
著者 :
一般財団法人 グローバル人材開発
本体価格:
1,500 円+税
ページ数:
192
初版発行:
2011-05
ISBN:
978-4-8061-4028-3
ジャンル:
世界中の英語を使う人のうち、7割は非ネイティブが第二外国語として使っていると言われています。そんな非ネイティブのための新しい共通語として開発されたのが「グロービッシュ」。やりとりに必要な1500語を軸に、相手に伝える「ツール」としての英語を使えるようトレーニングできる一冊。
著者紹介

一般財団法人 グローバル人材開発
 日本の次代を担う、グローバルな視点・価値観をもったグローバル人材の育成・創出を目的として2010年に設立。国際ビジネス経験豊富なメンバーを中心に、グローバルビジネス開発・経営コンサルティング、ナレッジマネジメント、国際医療情報、関連する教材開発など多岐に渡って活動している。事業の一環としてグローバル・コミュニケ―ション力の向上のため「グロービッシュ」を日本に紹介し、推進活動も展開している。

目  次

【1部】 グロービッシュの基礎知識 
  01 グローバル時代の新しい英語、それがGlobish
  02 非ネイティブに有効な7つのメソッド
  03 グロービッシュを使うための5つのルール

【2部】 グロービッシュの基本文法
     グロービッシュ文のコツ
     Unit 01(be動詞)~Unit 24(過去分詞の用法)

【3部】 グロービッシュで発信する
     会話練習のコツ
     Scene 01(朝のオフィスで)~10(Eメールで連絡する)

【巻末付録】 1500基本単語リスト

お知らせ

本書の3部「グロービッシュで発信する」に収録している会話例(scene1~9)を収録した、MP3音声ファイルをダウンロードできます。ぜひご活用ください!

音声ファイルをダウンロード

編集者からのおすすめコメント

「間違えたら恥ずかしい」「会話につまったら気まずい」――英語を話そう思うとよく抱えてしまう気持ちです。しかし、世界のビジネスパーソンは、お国訛りも文法・単語の間違いも気にせずに、必要なことを伝えるために英語を使っています。“英語”というと硬くなってしまうとしたら、むしろ従来の“英語”からいったん距離を置いてみてはいかがでしょうか。
 本書では、国際共通語を目指して、元IBMのビジネスマンであるフランス人のジャン=ポール・ネリエール氏が提唱した「グロービッシュ」の考え方と、1500基本単語を軸に、ビジネスの現場で言いたいことを伝える「ツール」としてのグロービッシュをトレーニングできる入門ドリルです。

関連特集

パスワード付ダウンロードページはこちら

サンプルメッセージはこちらから

» もっと見る

『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本の音声ファイルがダウンロードできます

関連作品

同僚に差をつける! 毎朝10秒の英語レッスン

本体価格:600円(税込)

TOEICテストでハイスコアを持ち、高度な英文を読み書きできても、「会話となると思い通りに話せない・・・」と悩む人は多いもの。克服のカギは、使えるフレーズを正しい発音でたくさんストックすること!本書ではビジネスシーンで頻出の英会話表現300を「電話応対」「ミーティング」「プレゼン」の3つのカテゴリーに分け収録しました。

英語で学ぶMBAの授業

本体価格:2,800円(税込)

英語・日本語の対訳形式で、実際のビジネススクールで行われるやりとりを再現。ハーバード流MBAのエッセンスとビジネスに役立つ実践的な手法を身につけながら、英語力アップもできる一冊。

英語は3本線ノートで覚えなさい

本体価格:1,300円(税込)

ノートに3本の線を引くだけで、「学んだ内容」→「覚えたもの」→「苦手なもの」がすっきり整理でき、学習が効率的になる。学習指導歴25年、ドイツ駐在経験もある著者が教える、語学学習に特化した3本線ノートの使い方と実践を教えます。