中経出版

シブすぎ技術に男泣き!3

一般書
著者 :
見ル野 栄司
本体価格:
952 円+税
ページ数:
144
初版発行:
2011-09
ISBN:
978-4-8061-4179-2
ジャンル:
大人気コミックエッセイ第3巻!今回は、現場を取り仕切るリーダーや先輩技術者、そして経営者達など「ものづくり」の現場にかかわる「ヒト」をクローズアップ!彼らの汗と涙の人情エピソードを交えつつ、現場の今を紹介していきます!
著者紹介

見ル野 栄司(みるの えいじ)

 理工系漫画家。
 1971年生まれ。1992年日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。
 半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に9年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ビックコミックスピリッツやヤングジャンプなどで連載。代表作に、世界初のフローチャート式漫画「東京フローチャート」など。
 リクナビNXET Tech総研(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/)にて連載の本作『シブすぎ技術に男泣き!』では、理系エンジニアはもとより、数多くの読者から支持を受ける。
ホームページ http://ameblo.jp/mirupro/

目  次

はじめに
第1章 転んでもただでおきない!先陣きるリーダーたちの姿に男泣き!
第2章 グローバルで活躍する、ものづくり野郎たちに男泣き!
第3章 すべては世のため人のため…。熱い技術魂に男泣き!
第4章 ドラマはいつも現場にある!仕事の鬼の生き様に男泣き!
おまけ 取材現場で見た!生きているシブイ機械たち
あとがき

編集者からのおすすめコメント

 “工場見学”や“ものづくり”ブームを牽引する、技術系コミックエッセイ『シブすぎ技術に男泣き!』の最新3巻の登場です!
 どんな困難があっても、日本はものづくりを絶対あきらめない!世のため人のため、作り続ける現場の技術者たちの姿をしかと見よ!
 後継者問題、日本は元気がなくなっている、産業の空洞化、振興国への進出・・・。様々な状況がとりまく現在においても、柔軟に、前向きに、そして熱い思いを失わずに「ものづくり」に邁進する人々が多数登場。失敗や挫折を恐れず突き進む、彼らの仕事の流儀や生き様を確認し、明日からまた一生懸命働いてみませんか?!

関連作品

シブすぎ技術に男泣き!

本体価格:952円(税込)

エンジニア向け転職サイト「Tech総研」の人気連載を単行本化!元半導体エンジニアという異色の漫画家が、自身の体験をもとに、不器用に仕事をする理工系ものづくりの人々を熱い想いで描き、ホリエモンが「大好き」と絶賛したコミックエッセイ。

工場虫

本体価格:952円(税込)

「シブすぎ技術に男泣き」の著者が自分自身の体験をもとに描いた、工場が舞台のフィクション作品。主人公は熱すぎるくらいの想いを持ち、不器用に仕事をする理工系ものづくりの技術者。日本の「町工場のリアル」がわかるコミック。

シブすぎ技術に男泣き! 2

本体価格:952円(税込)

12万部突破のベストセラー第2巻!元半導体エンジニアの著者が、自身の体験やものづくりの現場を取材して「不器用な理系の男たちとシブい技術」を描くコミックエッセイ!今回は「蒲田VS東大阪 町工場東西対決」ほか半分以上が書き下ろしです!