中経出版

シブすぎ技術に男泣き・番外編

工場虫

「ものづくり日本」を支える町工場の男たち

一般書
著者 :
見ル野 栄司
本体価格:
952 円+税
ページ数:
144
初版発行:
2010-05
ISBN:
978-4-8061-3713-9
ジャンル:
「シブすぎ技術に男泣き」の著者が自分自身の体験をもとに描いた、工場が舞台のフィクション作品。主人公は熱すぎるくらいの想いを持ち、不器用に仕事をする理工系ものづくりの技術者。日本の「町工場のリアル」がわかるコミック。
著者紹介

見ル野 栄司(みるの えいじ)
 理工系漫画家。
 1971年生まれ。1992年日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。
 半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に9年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ビックコミックスピリッツやヤングジャンプなどで連載。
 代表作に、リクナビNXET Tech総研にて連載中から好評を得ていた『シブすぎ技術に男泣き!』(中経出版)、世界初のフローチャート式漫画「東京フローチャート」(小学館)など。

目  次

#1 ふんばれ! 横浜工場
#2 世の中ひっくり返してやる!
#3 未来へのジャンプ
#4 人知れぬ勝負の行方
#5 ポンチのズレは心の乱れ
#6 機械場の主
#7 鉄人と呼ばれた男
#8 4大卒の女新入社員あらわる
#9 千葉さんでなくなる日
#10 本社からの刺客
#11 本社攻略
#12 本社決戦
#13 虫たちの挽歌

編集者からのおすすめコメント

 10万部突破の『シブすぎ技術に男泣き!』で描いた著者・見ル野さんの体験を、そっくりそのままマンガにしたようなリアルな工場の人間模様、働きぶりがおもしろいです! 
 私のお気に入りキャラは、機械加工45年の職人・南部さん。ワザは「盗んで覚えるんだよ!」という職人哲学がシビれます! ひそかに「1000分の1の違いがわかる男」と呼んでます(笑)。

関連作品

ぼく、オタリーマン。

本体価格:952円(税込)

累計1500万ヒットの大人気ウェブサイトが本になりました!28歳、職業SE、独身、彼女ナシ、そしてちょっぴりオタク・・・オタクなサラリーマン=「オタリーマン」の爆笑!生き様コミックエッセー!!

理系の人々

本体価格:952円(税込)

「ぼく、オタリーマン。」の著者が、Yahoo!オフィシャルブログ「エンジニア★流星群」にて連載中の「うっとうしいけど憎めない」理系人の生態を描いたコミックエッセー!くすっと笑える、よしたに流「理系の説明書」

シブすぎ技術に男泣き!

本体価格:952円(税込)

エンジニア向け転職サイト「Tech総研」の人気連載を単行本化!元半導体エンジニアという異色の漫画家が、自身の体験をもとに、不器用に仕事をする理工系ものづくりの人々を熱い想いで描き、ホリエモンが「大好き」と絶賛したコミックエッセイ。

理系の人々 2

本体価格:952円(税込)

理系の生態を描いて大人気のコミックエッセイ第2巻!ネットで好評連載中の「理系の人々」に加筆修正し、今回も「理系」ならではのネタが炸裂!素性を隠しつつ占い師に占ってもらった顛末を描いた「理系と占い」などの書き下ろし長編も収録。