中経出版

ビジネスで大切なことは、すべてドラッカーが教えてくれた

ビジネス書
著者 :
藤屋 伸二
本体価格:
1,500 円+税
ページ数:
240
初版発行:
2011-06
ISBN:
978-4-8061-4081-8
ジャンル:
新規事業、ライバル競争、社内改革・・・ビジネスで直面する問題を解決するための「理論」ではなく具体的な「実践方法」をわかりやすく解説。ドラッカーを読んだものの、「どう実践に落とし込めばよいのかがわからない」というビジネスパーソンに向けた一冊。
P  R

「ドラッカーで売上を増やす方法」がわかります!

著者紹介

藤屋 伸二(ふじや しんじ)

藤屋マネジメント研究所 所長/差別化戦略コンサルタント
 1956年生まれ。ドラッカー理論を応用した差別化戦略・中期経営計画・組織構造・目標管理・社員教育など、経営をひとつのシステムとみなす独自のコンサルティングで、企業の業績向上を支援している。また、セミナーや講演、執筆活動などにも注力している。
 おもな著書に『20代から身につけたい ドラッカーの思考法』『20代から身につけたい ドラッカーのマーケティング思考法』『20代から身につけたい ドラッカーのリーダー思考法』(以上、中経出版)、『図解で学ぶドラッカー入門』『図解で学ぶドラッカー戦略』(共に日本能率協会マネジメントセンター)、『まんがと図解でわかるドラッカー』『まんがと図解でわかるドラッカーのリーダーシップ論』(共に監修、宝島社)などがある。

目  次

戦略編 チャンスと強みを見つける
1 購入の決定権は100%お客さまがもっている
2 改善・改革しないと市場から追放される
3 気づいていない「強み」を見つける
4 業績アップを実現する差別化戦略のつくり方
5 戦略の選び方次第で会社の命運が決まる
実践編 チャンスと強みをマッチングさせる
1 他社の成功を創造的に模倣(マネ)る
2 ニッチに利益が眠っている
3 お客さまの「もっと○○」を満たす
4 自社の弱みをチャンスに変える
5 成果とコストのアンバランスに注目する
6 「脅威」と思っていることをチャンスに変える
7 予期せぬ成功を分析する
8 予期せぬ失敗を分析する

編集者からのおすすめコメント

本書は、「ドラッカー理論を使って業績を上げる」ことを目的としています。ですから、ドラッカー理論を理解する必要はありません。使い方を学んでください。
それは、私たちが自動車の構造を知らなくても、交通ルールと運転技術を学べば、便利に使いこなせるのと同じです。
すべての理論は手段(道具)ですから、「何に使えるか」「どのように使うか」を知っていればよいのです。
このようにとらえると、ドラッカーは業績を上げるための“最良の道具”といっても過言ではありません。
――「はじめに」より

関連特集

「万引きさせないお店にする法」を「理解度テスト」でチェック!!

関連作品

20代から身につけたい ドラッカーのマーケティング思考法

本体価格:1,400円(税込)

『20代から身につけたい ドラッカーの思考法』の第2弾! ドラッカーが教えといたマーケティング――「顧客とは?」「ニーズとは?」「市場とは?」といった根源的なマーケティング思考について集中して解説します。

20代から身につけたい ドラッカーのリーダー思考法

本体価格:1,400円(税込)

ベストセラー「20代から身につけたいドラッカー」シリーズ第3弾。リーダーになる前から身につけておきたいドラッカーのマネジメント理論を、現実のビジネスシーンに落とし込んで理解できる一冊。