中経出版

はじめての人のための外貨建て&円建て

日本一やさしい 高利回り債券の見つけ方

ビジネス書
著者 :
阿部 智沙子
本体価格:
1,500 円+税
ページ数:
256
初版発行:
2011-03
ISBN:
978-4-8061-3999-7
ジャンル:
投資家の間で人気の、外貨建て高利回り債権。この低金利時代に5%以上の利回りを持つこれらの金融商品について、その種類や高利回りの理由、投資のポイントやリスクをカバーする方法などを、初めての人でもわかるように基本から優しく解説します。
著者紹介

阿部智沙子(あべ・ちさこ) 
 マーケットジャーナリスト。茨城大学、東京理科大学卒業。大蔵省(現・財務省)専管の財団法人にて金融専門紙の記者として勤務後、92年独立。97年、(有)なでしこインベストメントを共同で設立、マーケット分析やトレーディングを通じた投資手法の研究と、その成果を反映する形で執筆活動を行っている。近年は、数学・物理を中心としたサイエンス分野の企画等にも力を注いでいる。

目  次

第1章 超低金利だからこそ、債券投資が注目されている!

第2章 こんな時代になぜ、高利回り債券が出ているのか

第3章 外貨建て債券のポイントはここ! 
○利回りが高いほど、為替変動をカバーできる
○円高がどこまで進むと、採算割れするのか
○海外のゼロクーポン債で、中長期の資産形成
○特別分配金は“タコ足”なのか
○通貨選択型の投資信託は、どんなしくみか
○外貨建て債券投資に、FXを組み合わせる ほか

第4章 円建て債券のポイントはここ!
○個人向け国債は途中売却でも元本が確保される
○新窓販国債は購入のタイミングを選びやすい
○転換社債型新株予約権付社債のしくみを知る
○国債や社債の価格下落をヘッジする方法を知る ほか

編集者からのおすすめコメント

銀行の預貯金金利はほとんどゼロ。こんな時代でも金利でお金を増やせる投資対象があります。それが「債券」です。高金利通貨による外貨建て債券、オプション取引を根幹とする仕組み債、中長期の資産形成に向いた海外のゼロクーポン債など、それぞれがどのような仕組みになっているのか、高金利の背景にどのようなリスクがあるのか、を初心者の方にもわかりやすく解説します。

関連作品

東大生が本気で考えた! 勝ち抜くための株の本

本体価格:1,429円(税込)

仮想資金を日本株で運用し成績を競う大会「投信王」。昨年夏大会で優勝したのは21歳の東大生、団体総合優勝はその東大生が所属する「東京大学投資クラブAgents」だった。投資のプロも「天才」と絶賛する、頭脳集団が導き出した勝ち続ける秘密を大公開!

ETF(上場投資信託)の授業

本体価格:1,300円(税込)

株式のように証券取引所に上場しており、日経平均やTOPIXといった国内外の株価指数に連動する投資信託がETF。今人気のETF投資を、初心者にむけてイチからわかりやすく解説。

積立王子の毎月5000円からはじめる投資入門

本体価格:1,400円(税込)

現在日本で眠っている莫大な預貯金は、眠っているだけで社会の役には立っていない。儲けるためではなく、経済を動かすための「社会貢献」の一環として投資をとらえ、これまで「投資は怖い」と思っていた人に向けて長期投資の活用をすすめる一冊。