中経出版

1枚で売れ!

ビジネス書
品切れ重版未定
著者 :
青木 精一
本体価格:
1,200 円+税
ページ数:
112
初版発行:
2008-06
ISBN:
978-4-8061-3046-8
ジャンル:
「観察」→「気づく」→「発想」のたった3ステップで、最も大切な「人の感情を動かせる商品」が開発できる!最高の「売れるアイデア」の出し方を教えます。
著者紹介

青木 精一(あおき せいいち)

株式会社 精クリエイティブ 代表取締役。社団法人 日本セルフ・サービス協会主催 年間セミナー講師。

1962年、東京都生まれ。

マーケティング・プランニング業界で築きあげたキャリアは25年。

手掛けた有名企業の商品・販促企画は3000件以上にのぼる。

365日、360度に渡る現場とトレンドのあらゆるネタを、14年かかって収集し続ける。

「人間力データベース」をもとに、時代の“なびき”とヒトの“そそり”を見据えることで、“数字やデータでは出てこない欲求”を見える化し、新たな発想や次のヒントを数多く導く独自のビジネススタイルを貫く。

“現場を知らない者にプランニングはできない” という持論のもと、1日1万歩を歩き回り、現場におけるターゲットの素顔やリアルな生活ネタを自ら日々蓄積している。

著書に『思考財産』『ホウレンソウよりアスパラガス』(共に文芸社)がある。

目  次

【序章】「3ステップ・アイデア法」の世界へようこそ!
【ステップ1】[観察する]「パッ」と感情が動いたモノ・コトを記録する
【ステップ2】[気付く]「一番心が動くネタ」からの気付きをワード化する
【ステップ3】[発想する]ヒトの本音をビジネスアイデアに転換する
【実際の「3ステップ・アイデア法」活用事例】

編集者からのおすすめコメント

ズバリ、これからのアイデア労働に一番重要なのは
「アイデアは考えるな!気付け」ということです。

でもこれは、知らず知らずにやっていたことで、あなたも生活の中で何気なくやっていませんか?

ヒトは誰でも、何か考えるときに簡単なヒントがあると、アイデアがどんどん出てくるという能力を持っているからです。

その何気なく皆でやっていた“うまいやり方”を、
単純にわかりやすく「観察」→「気付き」→「発想」と、三段階で体系化してまとめただけです。

あなたにとって“目からウロコのアイデア法“として、あなたの仕事のやり方を変え、お役に立てることを願っています。

断言できるのは「今や机上の発想では、アイデアは自己満足であり、売れるモノづくりはできない。」ということです。

だからこそ、現場に足を向け、体験や、五感を刺激する出来事をたくさん観察し、もう一度ネタを充分蓄えて、アイデアを発想できるヒントがたくさんある自分づくりを目指して下さい。

そうすれば、アイデアは考えなくても自然と気付く様になり、とにかく楽しく、自分を、ヒトを、商品を売れる仕事を手に入れることができますよ。

関連特集

「万引きさせないお店にする法」を「理解度テスト」でチェック!!

関連作品

多発発想 アイデア・ダンプ

本体価格:952円(税込)

広告代理店のアイデアマンや成功した起業家も行っている、最高のアイデアが生まれる方法がアイデア・ダンプ!これをシンプルにわかりやすくまとめて紹介します。

儲けのヒントはこの本から盗みなさい!

本体価格:1,500円(税込)

パラパラと眺めているだけで脳が刺激される、画期的なアイデア150を紹介。事業展開や起業のアイデア発想、販促プラン策定に役立つ本。

アイデアが面白いほど出てくる本

本体価格:1,200円(税込)

アイデアを出すにはまず「やってみる」ことが大切。すぐに使える基本のルールと手軽なメソッドを豊富な図・イラストを使ってわかりやすく紹介。

天才に勝てるアイデアのつくり方

本体価格:952円(税込)

コンサルティングやセミナーで実際に実施し、絶大な成果を発揮している「5人の凡人が1人の天才を負かす!」秘密を成功事例とともに紹介。