中経出版

売れる21の法則

ビジネス書
著者 :
村山 涼一
本体価格:
1,500 円+税
ページ数:
296
初版発行:
2008-02
ISBN:
978-4-8061-2956-1
ジャンル:
マーケティングプランナーである著者が、「今、もっとも新しいマーケティング理論」を使った「売れる法則」を、誰もが知っている企業や商品をあげて具体的に解説。過去にはなかった、現代の消費行動がこれでわかる!
著者紹介

村山 涼一(むらやま りょういち)



1961年7月5日生まれ。

中央大学法学部法律学科卒。

オリコミ(現オリコム)、講談社、NTTアド、東急エージェンシー、旺文社を経て、現在フリーマーケティングプランナー。

書籍のマーケティングから、通信、流通、教育のマーケティングと様々なタイプのマーケティングを経験。競争戦略、コミュニケーション戦略が得意分野。
現在の業務は、企業のマーケティング業務をアウトソースで請け負い、システム構築、プランニング、組織構築、社員教育などを行っている。

著書に『最強戦略は「図」で立てる!』(PHP研究所)、『パワーコンセプトの技術』(講談社)、『論理的に考える技術』(ソフトバンククリエイティブ)、『ヒット商品をつくる「企画書」の書き方事典』『企画が通るプレゼンテーション辞典』(以上、学習研究社)など、多数。

目  次

【法則3】「第一印象の法則」

【法則4】「物語の法則」

【法則8】「問題解決の法則」

【法則9】「手間はぶきの法則」

【法則10】「集中の法則」

【法則12】「潜在欲求の法則」

【法則13】「シミュレーションの法則」

【法則14】「常連の法則」

【法則18】「可視化の法則」

【法則20】「非常識の法則」

など

編集者からのおすすめコメント

本書では、100以上の「ヒット商品」の事例を分析し、
「どうやったら商品が売れるのか?」について、詳細に解説している。

それに加えて、

昔から論じられているマーケティング理論の中で、現代でも非常に有効であり、取りこぼすわけにはいかない「売れる法則」についても、網羅している。



つまり、本書の特徴をひと言で言うなら、「売れる21の法則」だけで、ヒット商品を生み出すのに十二分な知識が身につくのだ。



たとえば、



●「集中の法則」→付加価値を追加するのではなく、必要なモノだけに集中する(例:1000円カット・ユニクロ)

●「手間はぶきの法則」→手間をカットする商品は、確実にヒットする(例:洗濯乾燥機・自動食器洗い乾燥機)

●「可視化の法則」→商品の特徴を「見える化」すると売れる(例:つぶつぶジュース・取ったゴミが見える掃除機)



など、ほかにも、黒烏龍茶、ニンテンドーDS、ファブリーズ、アマゾン、ミクシィ、ケータイ小説、You Tube、

男前豆腐、千の風になって、レクサス、iPod、ポッキー、メガマック、劇団四季、トイザらス、マツモトキヨシ、

ブックオフ、セブンイレブン、セカンドライフ、ヘルシア緑茶……etcなど、

100以上ものヒット商品を詳細に分析し、最重要の「売れる法則」だけを紹介している。




この「売れる21の法則」を知って実行することで、

あなたの会社の商品は、今の何倍もの売れる可能性を秘めていることに、

気がつかれることであろう。

関連特集

「万引きさせないお店にする法」を「理解度テスト」でチェック!!

関連作品

プロ☆社長

本体価格:1,500円(税込)

ランチェスター経営、最強の社長学。98%は社長ひとりの実力で決まる! 倒産企業取材1600社・相談企業1000社から判明した真実。

売上アップの すごいしかけ

本体価格:1,400円(税込)

実際に多くの社長や上司の悩みを解決し、300社で売上アップ! かんたん実行・ばつぐん効果・らくらく継続の「シンプルしかけ」が17連発。

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

本体価格:1,500円(税込)

ネットでもPOPでもたった一行で商品が動き出す! お店の売上げをアップさせ続けてきた販促のプロが教える、かつてない10の法則。