中経出版

一流の人をつくる 整える習慣

ビジネス書
著者 :
小林 弘幸
本体価格:
1,300 円+税
ページ数:
192
初版発行:
2015-06
ISBN:
978-4-04-601284-5
ジャンル:
昨今、注目が高まっている「デキるビジネスマンの自己管理」について、自律神経のケアを中心とした「メンタル面」に強い小林弘幸氏が、疲れを癒し、パフォーマンスを最大化する方法を説く。
著者紹介

小林 弘幸(こばやし ひろゆき)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。
1960年、埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。
ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。
自律神経研究の第一人者として、数多くのプロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わる。

目  次

第1章 まず、モノを片づけて、心を安定させる──身の回りの整え方
鞄の中を探した瞬間に、あなたは乱れている! /鞄に徹底的にこだわる/ほしい情報は「ひと目でわかる状態」にしておく/「片づける場所」を決める/モノを探すときは制限時間を決めてから/窮屈な服や靴は選ばない/シャツは「白一択」/天気の悪い日は明るい色のネクタイ/服を捨てると集中力が増す/「帰る前の片づけ」を儀式にする ほか

第2章 一日ごとの体の変化を意識する──時間の整え方
午前中の「勝負の時間」を無駄にしない!/昼食後の2時間は捨ててかまわない/「終了間際」の集中力を利用する/「内容で区切る仕事」と「時間で区切る仕事」を分ける/金曜の夜に「来週必要なモノ」を揃えておく/移動時間にも習慣をつくる/「仕事」と「休み」をあえて区別しない ほか

第3章 無理したつき合いは断つ──人間関係の整え方
目的が言えない飲み会には参加しない/「参加・不参加」の返事は一日経ってから/ 人の評価は口にしない/SNSは「自律神経を乱すツール」/我慢しなければならない人脈は断ち切る ほか

第4章 体のスイッチを意識する──体の整え方
一杯の水が体調を取り戻す /調子が戻らないときは尿の色をチェック/気分が乗ってこないときほど手足を動かす /通勤時に汗をかかない/通勤時こそ「ゆっくり、リズミカル」に歩く/入浴のお湯はぬるめから、時間は15分 ほか

第5章 今夜の振り返りが、明日の成功をつくる──行動パターンの整え方
最大のポイントは「朝」ではなく「前の日の夜」にある/一日を振り返り、「失敗」を「成功」のパターンに上書きする/「感謝」ほど自律神経が整うものはない/ミスは必ずその場でメモ/次の行動をスムーズに引き出す「一個の法則」/帰宅したらすぐ「一個の法則」/家に帰ってすぐ「オフモード」に入らない/忙しいときほど「ゆっくり、丁寧に」やる ほか

第6章 ストレスには正しく対処する──メンタルの整え方
「怒りそうだな」と思ったら、とにかく黙る/誰かに怒られたら、迷わず「階段を上り下り」/苦手な相手からの電話は、いったん無視してかけ直す/「心配事を入れる箱」を心の中に持つ/「ストレスを生むのは自分自身」と思えた瞬間から自律神経は整い始める/ストレスは複数持つほうがうまくいく ほか

第7章 自分のタイプを知る──自分らしさの整え方
人間は4つのタイプに分けられる/ストレスフリーとは「本当の自分らしくいる」ということ/本当の得意分野で勝負する/本当の得意分野では「嫉み」「僻み」は生まれない/100回失敗しても、101回目に成功すればいい ほか

編集者からのおすすめコメント

著書累計200万部突破!
1日1回「これ」を整えれば、あなたの人生は思い通り!

自律神経の第一人者が、全ビジネスマン必須の「コンディショニング」の極意を伝授。

"多くの一流スポーツ選手に共通しているのは、「いかにして、本番で自分の力を出すか」という意識です。この、「持っている力を発揮するために状態を整える」ことが、コンディショニング。そしてこのコンディショニングの意識こそ、多くのビジネスマンに最も欠けている部分なのです。"――(本書より)

本書で紹介するのはいずれも、今日からすぐ実践できる「整える」習慣ばかり。
業種や年齢、性別に関係なく実践できるアドバイスが満載です。

関連特集

「万引きさせないお店にする法」を「理解度テスト」でチェック!!