中経出版

なんでも面白ランキング

ザ・ベスト・オブ 戦国武将

一般書
著者 :
九軍師
本体価格:
676 円+税
ページ数:
288
初版発行:
2010-03
ISBN:
978-4-8061-3639-2
ジャンル:
シリーズ:
戦国武将の人気があるのは、激烈な時代を生き抜いた武将たちがそれぞれ個性豊かなキャラクターをもっていることに理由がある。本書では、戦国時代に活躍した武将たちのエピソードをもとに、さまざまなテーマのランキングを設定してベスト3を紹介。このランキングから、戦国武将たちの豊かなキャラクターが浮かび上がってくる。
著者紹介

九軍師(きゅうぐんし)

 歴史ブームの中、各方面で活躍していたライター、編集者が集い2009年にできた歴史好き梁山泊的な集団。書籍、雑誌、ウェブ、モバイルなど、メディアを問わずライティングから編集までこなす、スーパー制作軍団。

目  次

第1章 バトル編
 ・最強の武将は?
 ・戦において名采配を見せたのは?   など
第2章 パーソナリティ編
 ・肝が据わっているのは?
 ・大きな悩みを抱えていたのは?   など
第3章 キャラクター編
 ・処世術に優れていたのは?
 ・ガッカリな2代目は?   など
第4章 ライフスタイル編
 ・オシャレなのは?
 ・恋人にしたい武将は?   など

編集者からのおすすめコメント

 戦国武将のキャラクターにスポットを当てた新しいスタイルの本が若い歴史ファンに人気である。

 本書は、戦国武将のキャラクターにまつわるさまざまな分野の45項目について、それぞれのベスト3の武将を選んで、迫力のある武将イラストとともに解説・紹介してゆくもの。

 カバーイラストは、戦国武将イラストの第一人者である諏訪原寛幸氏が担当している。

関連作品

軍師力

本体価格:619円(税込)

男は顔、形ではない。また、苦難が男をして智者にする。軍師は、まぎれもなく実力本位の登用がなされた男の中の男であった。戦国乱世の華ともいえよう。彼らの生きざまは極めて人間臭く、ほとんど現代人の喜怒哀楽と同じといえる。本書では、戦国乱世を生き抜き、時代を演出した軍師15人を取り上げる。

あの名将たちの狂気の謎

本体価格:571円(税込)

織田信長の命により、妻と嫡男を犠牲にした徳川家康。叔父の陰謀のため、弟を殺さざるを得なかった独眼竜・正宗。美濃の梟雄、斎藤道三の息の根をとめた長子・義竜……戦国乱世を生きた武将たちの「骨肉の争い」と「狂気の決断」を、臨場感あふれる筆致で綴る!

戦国武将 生死を賭けた烈語

本体価格:571円(税込)

「勝っても上向かず、負けても下向かず」(伊達政宗)「人が一心に致す仕事に、とやかく申すものではない」(織田信長)「この世は謀の多きが勝ち、少なきは負ける」(毛利元就)……明日をも知れぬ、激動の日々を過ごした戦国武将たちの含蓄ある言葉。その言葉が発せられた場面を鮮やかに活写!その虚実を問うよりも、背景にある武将たちの研ぎ澄まされた精神の真髄に触れてほしい。

歴史ドラマと時代考証

本体価格:571円(税込)

『秀吉』では竹中直人の「すし食いてぇ、天ぷら食いてぇ」のアドリブで綿密な台詞考証が吹っ飛び、『功名が辻』では脚本家の強い要請でしぶしぶ認めた本能寺での銃撃戦にたくさんのお叱りを受けるなど、いまだから話せる時代考証失敗談など三つの大河ドラマの制作秘話を披露。本書を読めば大河ドラマを見る楽しみが倍増します。