中経出版

イラストで楽しむ 日本の七十二候

一般書
著者 :
アフロ[イラスト森松輝夫]
本体価格:
676 円+税
ページ数:
224
初版発行:
2013-04
ISBN:
978-4-04-602554-8
ジャンル:
シリーズ:
本書では、「二十四節気」をその節気に合わせた浮世絵で、「七十二候」をそれぞれの名称に合わせた描き下ろしイラストで紹介しています。さらに、七十二候それぞれの旬の花や野菜、魚、行事などをテーマにしたクイズに答えながら、より旧暦の世界に親しむことができるようになること間違いなし。
著者紹介

アフロ(あふろ)
1980年、アフロフォトエージェンシーとして設立。自社での撮影業務及び、国内
外の写真家約2000名の作品を取り扱う。1998年には、日本オリンピック委員会オ
フィシャルフォトエージェンシーに認定。2006年にアフロに社名変更。写真・動画配
信業務に加え、フォトスタジオ運営、画像処理業務などビジュアルデベロッパー
として、その業務は多岐に渡る。風景をはじめ、人物・スポーツ・食・動物・イラス
ト・ファインアートなどの広告向け写真から、出版・報道写真まで、幅広い写真コ
ンテンツを取り扱い、広告・出版・テレビ業界へ日々写真を提供し続けている。
本書のイラストは、契約イラストレーター森松輝夫による全点描き下ろしとなっている。

目  次

春の章 万物が希望に満ち始める季節
夏の章 暑さの中に涼を感じる夏の華
秋の章 天高き秋の夜長に愛でる名月
冬の章 冬来たりなば、春遠からじ

編集者からのおすすめコメント

日本には、一年を四等分した四季、二十四等分した二十四節気、そして七十二等分した七十二候という季節があります。それぞれには「東風凍を解く」、「桃始めて笑う」、「虹始めて見る」など、風情に富んだ名前がついています。本書では、二十四節気を「節気」にちなんだ24点の浮世絵で、七十二候を鶯、蛍、半夏雨、落ち葉や、魚、野鳥、草花、折々の雲などそれぞれの「候」にちなんだ旬の風物を描き下ろしオールカラーイラストで紹介しています。
自然の移ろいと豊かな恵みが感じる日本の旧暦の世界を十二分に堪能できる文庫です。

関連作品

季節のお作法

本体価格:1,200円(税込)

「美人のお作法」に続く「お作法シリーズ」第2弾。内容を「季節の行事」と「季節の挨拶」の2部構成とし、日本のお作法をイラストと四コママンガを使ってわかりやすく紹介します。

世界に誇る『古事記』今昔散歩

本体価格:657円(税込)

日本最古の歴史書として、また神々や各地の伝承を集めた古典として、第一級の書物が「古事記」です。アマテラスやスサノオ、「因幡のシロウサギ」に登場するオオクニヌシなど、個性豊かな神々が活躍する名場面のあらすじや、「古事記」ゆかりの神社、「古事記」に登場する主な神々や人物などを、写真や名画を豊富に添えてわかりやすく解説しています!

完全網羅! 浮世絵

本体価格:686円(税込)

妖精のような美人を描いた鈴木春信の後に人気となったのは、歌麿の肉感的な生々しい美人画。元お殿様ならではの気品ある絵を描く鳥文斎栄之や、葛飾北斎に略画のアイデアを盗まれ「北斎はとかく人の真似をなす」と非難した北尾政美など、浮世絵はもちろん、その背景もいきいきと楽しめる一冊です。技法の解説や「比べてみよう!」コーナーなども充実。