中経出版

雑学科学読本 文房具のスゴい技術

一般書
著者 :
涌井 良幸⊥涌井 貞美
本体価格:
650 円+税
ページ数:
256
初版発行:
2014-04
ISBN:
978-4-04-600255-6
ジャンル:
シリーズ:
洋の東西、そして老若男女を問わず、「文房具好き」は潜在的にもかなりいると言われます。本書は各項目に図解を使いながら、文房具好きにはたまらない文房具のヒミツをわかりやすく解説しています。
著者紹介

涌井 良幸・涌井 貞美(わくい よしゆき・わくい さだみ)

良幸/1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)数学科を卒業後、千葉県立高等学校の教職に就く。現在は高校の数学教諭を務める傍ら、コンピューターを活用した教育法や統計学の研究を行なっている。

貞美/1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程を修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校の教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。良幸の実弟。

共著に『雑学科学読本 身のまわりのモノの技』『同vol.2』(以上、中経の文庫)、『多変量解析がわかる』(技術評論社)、『Excelでスッキリわかる ベイズ統計入門』(日本実業出版社)、『困ったときのパソコン文字解決字典』(誠文堂新光社)、『パソコンで遊ぶ数学実験』(講談社)などがある。

目  次

第1章 筆記用具のスゴい技術
第2章 修正・接着用具のスゴい技術 
第3章 切断・綴じ用具のスゴい技術
第4章 計測器具・便利グッズのスゴい技術  
第5章 記録用具のスゴい技術

編集者からのおすすめコメント

最近、テレビや雑誌などで「文房具」の特集企画を目にしたことはありませんか? 文房具への人々の関心は、ここのところ急激に高まっているようで、「消せるボールペン」の大ヒットなど、「文房具」周辺はこれまでにない活況を呈しています。
本書はそんな時流に則したものですが、たとえば「『消せるボールペン』は、こするとなぜ字が消えるのか?」「表裏白色の『ノーカーボン紙』は、インクもないのになぜ書き写せるのか?」といったような、文房具に関する“そもそものギモン”をイラスト図解を使いながらわかりやすく解説していきます!

関連作品

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2

本体価格:648円(税込)

大好評既刊「身のまわりのモノの技術」待望の続編。前作同様、さまざまな“モノのしくみ”を図解で解説しています。しくみがわかると、そのモノへの愛着が増し、それらに囲まれた生活が楽しくなります。何気なく手にしたモノが、興味の対象に変わるからです。本書を通じ、科学の粋を集めた身近なモノたちの“すごさ”をとくと堪能してください!

雑学科学読本 身のまわりの理科

本体価格:686円(税込)

子どもの頃、誰もが目にしたであろう「理科の教科書に載った定点写真・連続写真」を数多く取り上げ、よく見てみると実に興味深い「観察・観測写真の世界」を提供する本。シンプルでわかりやすい本文解説により、大人の読者が“楽しく学びなおし”できるだけでなく、子ども達が副教材的に使えたりもする一冊!

雑学科学読本 からだの不思議

本体価格:648円(税込)

「カラダのあの部分はどのように働いているのか?」「あの臓器はそもそもどんな構造なのか?」といった人体にまつわるさまざまなギモンについて、各項目に図版を使いながらわかりやすく解説する本。